認知症の考え

お年寄り

認知症の種類

人が記憶を保持していることは、日常生活を継続する上で非常に重要な意味合いがあります。そのため、老齢と共に記憶能力が低下することは、老化の特徴的な症状として位置付けられています。ところが、年齢に関係なく記憶能力が低下する病気が存在して、認知症と総称されています。認知症は、症状の原因や発症部位に応じて分類されています。その中でもアルツハイマー型認知症は、最も発症割合の多い認知症です。更に発症要因の違いでアルツハイマー型認知症は分類されて、完全遺伝性疾患と生活習慣性疾患として区別します。ただし、発症要因に違いがあっても、脳内に特定のたんぱく質が蓄積することで認知機能の低下や人格の変質等の症状が現れることは共通しています。

老齢が最大の発症要因

アルツハイマー型認知症の発症には様々な原因が推定されていますが、最大の発症要因は老齢であると見られています。そのため、脳血管障害等に起因する他の認知症の発症件数が横ばい傾向にある一方、高齢者が増加している現在の日本社会においてアルツハイマー型は増加し続けています。また、現在までの臨床事例から、男性よりも女性の方が発症し易いことが分かっています。脳内に蓄積する特殊なたんぱく質は、脳内の神経細胞を破壊して神経伝達系の機能低下を招くことで発症要因になっています。ところが、記憶障害等が明確になるまで気付くことが難しいので、発症が判明した段階ではアルツハイマー型認知症は相当進行していることが多いので定期検診等のよる早期発見が重要です。また、アルツハイマーの予防となるサプリメントなども登場しています。こちらは脳の細胞をコントロールするために必要なビタミンやプラズマローゲンなどが主成分となっており、利用することで脳の働きを高めることが出来るのです。医療機関に足を運ぶ時間がない方などは、まずこちらから利用してみても良いでしょう。

物忘れ予防のために

栄養補助剤

アルツハイマー型認知症などの認知症予防にはアミロイドβを減少させることが効果的です。山芋成分のジオスゲニンを含んだサプリメントや、水素などの成分が入ったものが効果的と言われています。早めに飲んでおけば若いうちから予防が可能になるのではないでしょうか。

詳細を確認する...

年齢による問題

サプリ

年齢によって起こる更年期障害はサプリメントで改善することなどが出来る様になっています。特にサプリメントにおいては安い価格で確実なものを購入することができるとして利用者が増えている傾向にあります。

詳細を確認する...

生薬が自律神経を整える

漢方

自律神経失調症の症状を改善する場合は、漢方を利用する事が大切で、漢方を利用する事で効果が高いため評判が良いです。漢方は副作用がないため安心して利用する事ができますし、多くの効果を得る事ができるためオススメです。

詳細を確認する...